自民、コロナ対策本部の会合延期 「山際氏隠しでは」の見方も

※写真クリックで拡大表示します
2日、自民党の新型コロナウイルス等感染症対策本部長に就任し、あいさつする山際前経済再生相(奥右から2人目)=東京・永田町の党本部
2日、自民党の新型コロナウイルス等感染症対策本部長に就任し、あいさつする山際前経済再生相(奥右から2人目)=東京・永田町の党本部

 自民党は、12月1日に開催予定だった新型コロナウイルス等感染症対策本部(山際大志郎本部長)の会合を延期した。関係者が11月30日、明らかにした。政府は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法の閣議決定を1日に行う方針。山際氏は教団との接点がたびたび指摘され、経済再生担当相を更迭された経緯があり、党内からも「山際氏隠しでは」(関係者)との見方が出た。

 会合では、最近のコロナ感染状況などが議題に上る予定だった。党政調関係者は「中止ではなく延期だ。ただ次回の日程は現時点では決まっていない」と説明している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。