「アジアのノーベル賞」服部氏に 失明予防に尽力の眼科医

※写真クリックで拡大表示します
30日、フィリピン・マニラでマグサイサイ賞の受賞演説を行う眼科医の服部匡志氏(共同)
30日、フィリピン・マニラでマグサイサイ賞の受賞演説を行う眼科医の服部匡志氏(共同)

 【マニラ共同】「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞の授賞式が30日、フィリピンのマニラで開かれ、東南アジアで失明予防に尽力してきた眼科医の服部匡志氏(58)ら4人に授与された。

 東南アジアでは白内障による失明リスクが大きい。服部氏は受賞演説で20年前のベトナム初訪問を振り返り「白内障のまん延に驚いた。衝撃だったのは両目視力を失った悲惨な状態になって初めて患者がやって来ることだった」と訴えた。

 服部氏は表彰の際、私財で医療機器を買ってベトナムに寄付し無料で患者を治療、現地医師30人以上に手術法を指導し2万人以上を治療してきたと壇上で紹介された。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。