認知症新薬治験、投与後2人死亡 エーザイ、原因は否定

※写真クリックで拡大表示します
エーザイなどが開発中の「レカネマブ」(エーザイ提供)
エーザイなどが開発中の「レカネマブ」(エーザイ提供)

 製薬大手エーザイは30日、米バイオジェンと共同開発している認知症のアルツハイマー病新薬「レカネマブ」の臨床研究(治験)で、参加者2人がレカネマブを投与後に脳出血で死亡したと明らかにした。エーザイは「2人は重大な合併症があり別の薬を使用していた。レカネマブが原因ではない」との見解を示した。

 治験は日本や欧米などで早期患者に対し、レカネマブ投与群と偽薬投与群の2グループに分けて実施。同社によると、前段階の治験と合わせ、レカネマブを投与した1608人のうち2人が脳出血で死亡した。2人とも脳出血の要因となる抗凝固薬を使用していたという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。