新型コロナ投稿規制を終了 米ツイッター、誤情報拡散も

※写真クリックで拡大表示します
ツイッター本社に掲げられた同社のロゴ=18日、米サンフランシスコ(ロイター=共同)
ツイッター本社に掲げられた同社のロゴ=18日、米サンフランシスコ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米ツイッターは29日までに、新型コロナウイルスに関する誤情報拡散を防ぐための投稿規制を取りやめたことを明らかにした。英語版の新型コロナに関する情報のページで「誤解を招く情報の規定を23日から適用していない」と説明した。新型コロナワクチンを巡る陰謀論などがさらに拡散する恐れがある。

 投稿規制に消極的なイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の意向を受けた措置とみられる。マスク氏はツイッターを買収後に従業員らを大量解雇して経営が混乱しており、人種差別的な投稿が急増するなどの問題が相次ぎ、大手企業の広告撤退も続出している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。