NATO、支援強化約束 外相会合、インフラ攻撃で

※写真クリックで拡大表示します
29日、ルーマニア・ブカレストで記者会見するNATOのストルテンベルグ事務総長(AP=共同)
29日、ルーマニア・ブカレストで記者会見するNATOのストルテンベルグ事務総長(AP=共同)

 【ブカレスト共同】北大西洋条約機構(NATO)は29日、ルーマニア・ブカレストで外相会合を開き、ロシアがインフラ攻撃を続けるウクライナへの支援強化を約束した。厳寒の冬に備え、破壊された電力網の修復のほか、燃料や発電機、防寒具など殺傷能力がない装備を提供する。会合は30日まで。

 外相声明で「ウクライナのインフラへの執拗かつ非良心的な攻撃を含むロシアの侵略は何百万ものウクライナ人から生活に必要な物を奪っている」と指摘。「ウクライナへの支援を強化し、必要な限り継続する」とし、加盟国はエネルギー関連のインフラを修復するとした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。