【デスクコラム】会議非公開は秋田県の「忖度」?

会員向け記事

 今年も新語・流行語大賞の発表が近づいてきた。過去の大賞に選ばれた流行語を振り返ると、さっぱり覚えていないものもある。流行が広がるスピードは増す一方、忘れられるのも速くなっていると感じた。そんな中、2017年の大賞となった「忖度(そんたく)」は、その後も定着したといえるのではないか。

 広辞苑によると、忖度とは「他人の心中をおしはかること。推察」。最近、忖度ではないかと思ったのは、JRローカル線の利用促進を巡り、JR東日本や市町村の担当者らが出席する会議を、秋田県が非公開としたことだ。

 当初は取材について「冒頭5分間のみ撮影可能」とされていたので、会議は傍聴できると思っていた。ところが、取材は冒頭5分間だけ可能で、残りは非公開とすると訂正された。

 県の地域交通対策監に理由を尋ねると、「岩手県も同様の会議を非公開としたから」との回答。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース