北秋田市の県道、補助標識に「いたわりの路」 注意喚起で設置

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県北秋田市花園町の県道にある速度規制標識に「いたわりの路(みち)!」と書かれた看板が添えられている。

 北秋田署によると、看板は標識を分かりやすくするために設置する補助標識。周辺の約630メートル区間は、歩道がなく最高速度が時速40キロに制限されている。注意を喚起しようと、2014年度に県警が補助標識を付けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース