洋上風力発電「地域経済に波及効果」 能代市議会で斉藤市長

会員向け記事

 秋田県能代市議会は29日、12月定例会を開会した。提出案件は22年度一般会計補正予算案、市消防団条例の一部改正案など28件。会期は12月20日まで。

 斉藤滋宣市長は市長説明で、12月中に国内初の大規模商用運転が始まる能代港湾区域の洋上風力発電について、風車タワーの据え付け工事が始まった7月以降、市が対応しただけでも全国から視察に約230人が訪れたことを明らかにした。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース