マコガレイ、冬にかけて脂のる 身は厚く、刺し身も美味

連載:うめな!秋田の魚
有料会員向け記事

 秋田県沖ではムシガレイやババガレイ、マガレイなど約10種類のカレイ類が取れる。このうちマコガレイは身が厚く、新鮮なものは刺し身がお薦めだ。こりこりとした歯応えで、口の中に甘みが広がる。県水産振興センター(男鹿市)総務企画室の寺田幹さん(32)は「カレイの刺し身を食べたことがある人は少ないかもしれないが、ヒラメ以上に絶品とされる」と話す。

おちょぼ口がかわいらしいマコガレイ

 クロモトとも呼ばれるマコガレイは水深50~100メートルの砂泥地にすむ。ゴカイや甲殻類を食べ、体長は大きいもので40センチを超える。北海道から九州まで各地で取れ、大分県日出町では高級魚「城下(しろした)かれい」として売り出している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース