風流踊、きょうユネスコ無形文化遺産登録決定へ 西馬音内・毛馬内含む41件

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
羽後町の「西馬音内の盆踊」
羽後町の「西馬音内の盆踊」

 【ラバト共同】モロッコで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会は29日、秋田県羽後町の「西馬音内の盆踊(ぼんおどり)」と秋田県鹿角市の「毛馬内の盆踊」を含む24都府県41件の民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」の登録審査の順番を前倒しする日程を公表した。事前審査で登録勧告を受けており、日本時間30日夜の登録決定がほぼ確実となった。

 新規登録の候補は29日時点で44件。風流踊の審査順は当初、全体の17番目だったが、新たな日程資料によると、風流踊の順番は全体の11番目に繰り上がった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース