ホテル襲撃、9人死亡 ソマリア首都で過激派犯行

 【アディスアベバ共同】ソマリアの首都モガディシオ中心部のホテルが武装集団による襲撃を受け、警察当局は28日、市民ら9人が死亡したと発表した。イスラム過激派組織アルシャバーブが犯行を認めた。ロイター通信が伝えた。

 襲撃は27日に始まり、治安部隊が半日以上かけて鎮圧した。武装勢力側の死者は6人。現場ではこれまで政府関係の会議が頻繁に開かれてきた。

 ソマリアは5月に就任したモハムド大統領がテロ掃討作戦を加速させ、アルシャバーブが反発を強めている。10月にはモガディシオの行政機関が集まる地区で爆破テロがあり、少なくとも120人が死亡した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。