ハピネッツ大浦「信頼されるレベルに届いていない」 プレータイム得られぬもどかしさ…

有料会員向け記事

スピード感あふれるアグレッシブなプレーが評価され、日体大4年だった2020年に秋田ノーザンハピネッツと本契約したガード大浦颯太選手(24)。過去にはその活躍で勝利を引き寄せた試合もありましたが、今季の出場はわずか5試合にとどまっています。思うようにプレータイムを得られていない現状についてどう受け止めているのか、胸の内を明かしてもらいました。(デジタル編集部・加藤倫子)

まだ信頼されていない

―練習を見ていると、フィジカル面でかなりレベルアップしているなと感じました。
ありがとうございます。自分ではそこまで分からないですね(笑)

―いや、本当に変わったなと思いました。ただ、最近はなかなかコートに立てておらず、試合に出る姿を待ち望んでいるファンの声も耳にしているのではないでしょうか。現状をどのように受け止めていますか?

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース