ハタハタ、ブリコ抱えた1匹だけ 「ねえよりはいいな」つぶやく漁師

連載:ルポ季節ハタハタ
有料会員向け記事

【男鹿支局長・藤原剣】29日朝7時。漁師たちが乗り込んだ1隻の漁船が男鹿市の北浦漁港を出発した。

今シーズンの季節ハタハタ漁、2度目の操業だ。

北浦の漁師は、一斉操業の前に共同で、ハタハタの接岸を確認するモニタリング用の網を仕掛ける。まとまった水揚げがあると、それ以降は各船が本格的な操業を始める。

1年ぶりの光景だ。最初のまとまった水揚げの瞬間を逃さず報道するため、今季も漁港に通う日々が始まった。

胸の高鳴りを抑えて待っていると、モニタリング用の網を引き上げた漁船は30分ほどで帰港。「なんとだー?」。港で待っていた漁師が声をかける。

1匹だけ取れたハタハタ。ブリコを抱えた雌だ


降ろされた三つのかごには、メバル、アイナメ、タナゴ、ナマコ…。そして、待ち望んでいた姿があった。

1匹だけだが、ブリコを抱えたハタハタだ!

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース