食堂「二喜」年内閉店 夫婦で47年切り盛り「そろそろ区切りに…」

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
47年力を合わせて店を切り盛りしてきた二木さん夫婦
47年力を合わせて店を切り盛りしてきた二木さん夫婦

 秋田市茨島の食堂「お食事処 二喜」が、今年いっぱいで47年の歴史に幕を下ろす。二木栄治さん(81)と妻の栄子さん(79)が二人三脚で切り盛りしてきた。「1年を1キロとすれば、フルマラソンのゴールを通り過ぎている。もういいのかな」と2人。残り少ない日々も、笑顔で走りきる。

 2人が店を開いたのは1975年4月。当時は近くに大学があり、学生が大勢訪れた。昼時には近隣のサラリーマンも多く来店し、夜は仕事終わりの一杯を楽しめる憩いの場になった。子ども2人を育てながら、栄治さんは別の店舗も運営していたため、多忙な毎日だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース