時代を語る・小松俊悦(15)二つの障子で初入賞

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
平成7年、旅先の広島・厳島神社で
平成7年、旅先の広島・厳島神社で

 平成5(1993)年5月、能代市で開かれた第24回県建具展で小松木工の出品作は念願の初入賞を果たしました。「夏障子」「猫間障子」の2点です。初出品から5年目での入賞、そりゃあうれしかった。

 夏障子はヨシなどのすだれをはめ込んだ作りで、閉めても風が通って涼しい。衣替えと同じで夏になるとそれに取り換えるんですが、一般家庭ではほとんど使われていないかな。猫間障子は一部が上下にスライドする障子ね。換気や、外の風景をちょっと見るのに便利なわけ。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース