監督ピクシー、初白星届かず 「選手を信頼」願いかなわず

※写真クリックで拡大表示します
カメルーン―セルビア 後半、指示を出すセルビアのストイコビッチ監督=アルワクラ(共同)
カメルーン―セルビア 後半、指示を出すセルビアのストイコビッチ監督=アルワクラ(共同)

 J1名古屋で活躍して監督も務め、ピクシーの愛称で知られるセルビアのストイコビッチ監督は28日のカメルーン戦で引き分けに終わり、指揮官としてのW杯初勝利にあと一歩届かなかった。一時は3―1でリードしながら後半中盤に2失点。「選手たちを信頼している。全てがうまくいくだろう」との願いはかなわなかった。

 先制を許しながら前半ロスタイムに2得点し、後半の序盤にも追加点。いい流れに見えたが、カメルーンのスピードあふれる攻撃を止められなかった。攻めてもゴール前での精度を欠き、決定機を生かせない場面が目立った。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。