カメルーン、引き分ける ガーナは韓国を破る

※写真クリックで拡大表示します
カメルーン―セルビア 後半、チーム3点目の同点ゴールを決め駆け出すカメルーンのチュポモティング=アルワクラ(共同)
カメルーン―セルビア 後半、チーム3点目の同点ゴールを決め駆け出すカメルーンのチュポモティング=アルワクラ(共同)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)第9日(28日・アルワクラほか)1次リーグ第2戦が行われ、G組はともに初戦黒星のカメルーンとセルビアが3―3で引き分け、勝ち点1を分け合った。カメルーンが1―3からチュポモティングらの2得点で追い付いた。

 H組はガーナが韓国を3―2で破り、今大会初勝利を挙げた。2―2からクドゥスが勝ち越しゴールを奪った。勝ち点3とし、韓国は同1のまま。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。