タンチョウの高病原性確認 鳥インフル、国内初

※写真クリックで拡大表示します
北海道鶴居村の給餌場に飛来したタンチョウ=2020年2月
北海道鶴居村の給餌場に飛来したタンチョウ=2020年2月

 北海道は28日、釧路市で衰弱した状態で見つかった野生のタンチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。環境省によると、国の特別天然記念物タンチョウの野生個体で高病原性が確認されたのは国内初。

 道によると、このタンチョウは幼鳥で20日に発見された。道の検査で鳥インフル陽性が判明。国立環境研究所が高病原性かどうかを調べていた。

 国などによると、タンチョウは一時期絶滅したと考えられたが、地元や国が保護を続けて千羽超まで回復した。

 冬季は釧路地域で給餌が行われ、9割以上が密集するため集団感染や大量死も懸念される。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。