西日本、落雷や竜巻に注意 東・北日本はひょうの恐れ

※写真クリックで拡大表示します
気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

 西日本を中心に29日にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は28日、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけた。東日本や北日本ではひょうも降る恐れがある。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が西日本から東日本を進む見込み。別の低気圧も日本海からオホーツク海へ進み、低気圧から延びる寒冷前線が北日本を通過するとみられる。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため広い範囲で大気の状態が不安定になる見通し。

 気象庁は、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には建物内に移動するなどの安全確保を求め、農作物などの管理にも注意を呼びかけている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。