モロッコ戦後、ベルギーで暴動 車に放火、警察が首都一部封鎖

※写真クリックで拡大表示します
サッカーW杯の試合後に暴動が起きたベルギー・ブリュッセルの通り=27日(ゲッティ=共同)
サッカーW杯の試合後に暴動が起きたベルギー・ブリュッセルの通り=27日(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセル中心部で27日、サッカーW杯でモロッコがベルギーに勝利した後に暴動が発生し、警察は一部地域を封鎖、放水銃や催涙ガスで鎮圧を図った。暴徒らは車を横転させて放火したり店のガラスを割ったりした。

 モロッコの国旗をまとったファンらが警察と衝突したというが、詳しい原因は不明だ。警察は「暴徒らが公道で火をつけ、ジャーナリストが花火で顔を負傷したことなどから介入した」と説明している。ベルギーには多くのモロッコ系移民が住んでいる。

 ベルギーはFIFAランク2位。「格下」とされるモロッコの勝利は今大会で大逆転劇の一つとなった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。