同時検査キットの市販を決定 新型コロナとインフル、厚労省

※写真クリックで拡大表示します
厚生労働省(合同庁舎5号館)
厚生労働省(合同庁舎5号館)

 新型コロナウイルスとインフルエンザの感染の有無を同時に調べる検査キットに関し、厚生労働省は28日、医療用を一般用にして薬局やインターネットで市販することを決めた。同日開かれた厚労省の医療機器・体外診断薬部会が販売に関するガイドライン案を了承した。今後、メーカーが国に製品の承認申請をし、12月にも市販が始まる。

 厚労省は「医療機関への供給が最優先なので、当面は一般への供給量は限られる」としている。

 部会では、インフルエンザは発症初期はウイルス量が少ないため「検査の仕方やタイミングによっては偽陰性となる、ということなどを周知する必要がある」との意見が出た。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。