中長期で原発活用へ転換 運転延長、福島事故の教訓後退

※写真クリックで拡大表示します
関西電力高浜原発。奥右から1号機、2号機、手前右から3号機、4号機=福井県高浜町
関西電力高浜原発。奥右から1号機、2号機、手前右から3号機、4号機=福井県高浜町

 経済産業省は28日、最長60年としてきた原発の運転期間を延長し、次世代型の開発は廃炉の建て替えで進めるとする、原発活用策の方向性をまとめた行動計画案を提示した。中長期的な利用に踏み込んだ内容で、東京電力福島第1原発事故の教訓として、エネルギー基本計画に明記した「原発依存度の低減」を後退させる政策転換となる。

 総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会で示した。経産省は8月のGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議での岸田文雄首相の指示を受け、原発活用策の検討に着手。年内に結論を取りまとめ、GX実行会議に報告する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。