中国有人宇宙船打ち上げへ 「神舟15号」3人搭乗

※写真クリックで拡大表示します
中国・酒泉衛星発射センターで記者会見に出席する「神舟15号」の宇宙飛行士=28日(共同)
中国・酒泉衛星発射センターで記者会見に出席する「神舟15号」の宇宙飛行士=28日(共同)

 【酒泉、北京共同】中国政府は28日、有人宇宙船「神舟15号」を29日午後11時8分(日本時間30日午前0時8分)に打ち上げると発表した。3人の宇宙飛行士が搭乗し、中国が独自に建設中の宇宙ステーションと連結して乗り移る。成功すればステーションが実質的に完成したことになる。

 中国北西部の酒泉衛星発射センターから大型ロケットに搭載して打ち上げる。既にステーションに6月から滞在している別の3人は、新たな3人と合流した後、地球に帰還する。

 ステーションは中核部分と二つの実験施設で構成している。今回の3人はいずれも男性で人民解放軍に所属。半年ほど滞在する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。