元幕内の十両豊山が引退 東農大出身、協会残らず

※写真クリックで拡大表示します
豊山
豊山

 日本相撲協会は28日、元幕内で西十両4枚目の豊山(29)=本名小柳亮太、新潟県出身、時津風部屋=の現役引退を発表した。親方にならずこのまま協会を去り、29日にオンラインで記者会見を行う。大器として期待されたが、最近は両肘の故障に苦しみ、九州場所は8場所ぶりに十両に転落。5勝10敗と負け越していた。

 豊山は石川・金沢学院高―東農大を経て、2016年春場所に三段目100枚目格付け出しで初土俵。所要7場所で17年夏場所に新入幕を果たし、由緒ある「豊山」のしこ名を受け継いだ。18年名古屋場所では敢闘賞を獲得した。幕内在位26場所で、最高位は西前頭筆頭だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。