長い人生、喜びと「暗愁」抱えて… 五木寛之さん、ミルハスで講演

有料会員向け記事

「『百年人生』の指針」と題して講演した五木寛之さん

 作家の五木寛之さん(90)の「『百年人生』の指針」と題した講演会が28日、秋田市のあきた芸術劇場ミルハス中ホールで開かれた。五木さんは自らの経験を交えながら、憂いや悲しみを引き受けて生きる大切さを説いた。集まった約800人は真剣な表情で聞き入っていた。秋田魁新報社の主催。

 五木さんは「鬱(うつ)」と似た意味を持つ海外の言葉として、ポルトガル語の「サウダーデ」やロシア語の「トスカ」などを紹介。「日本では『鬱』というと排除すべきものとされているが、世界では人生における大切な感情として受け入れている」と話した。

ミルハス中ホールで開かれた五木さんの講演会

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース