1932年漂着のロシアの少年、最後の慰霊祭 主催団体、高齢化で解散へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
慰霊碑に手を合わせる慰霊祭参加者
慰霊碑に手を合わせる慰霊祭参加者

 1932年に深沢海岸(秋田県由利本荘市親川)に漂着したロシア漁船から遺体で見つかったニコライ・ガブリリューク少年=当時(16)=の慰霊祭が27日、同市親川の「夕陽(ゆうひ)の見える日露友好公園」で行われた。慰霊祭を開いてきた「露国親善交流推進深沢委員会」は、会員の高齢化に伴い来月1日に解散する。住民ら約20人が最後の慰霊祭に参加し、ニコライ少年に思いをはせた。

 委員会によると、32年12月1日、乗組員4人を乗せた漁船が深沢海岸に漂着。このうちニコライ少年は漂流中に命を落としていた。住民は生存者3人を介抱してロシア側に引き渡し、ニコライ少年を共同墓地に埋葬した。

 深沢地区の住民は、この話を後世に伝えようと、92年に委員会を設立。同年に日露友好公園と慰霊碑を整備し、毎年欠かさず慰霊祭を開いてきた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース