地元小学生ら、慰霊祭で献花 大森山動物園「さよなら感謝祭」

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
慰霊祭で祭壇に献花する児童ら
慰霊祭で祭壇に献花する児童ら

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)は今年最後の休日営業日となった27日、「さよなら感謝祭」を開いた。この1年で死んだ動物たちへの献花が行われ、地元小学生らが動物園への感謝の気持ちを表した。

 園内のビジターセンターで開かれた慰霊祭で、小松守園長は「今年もたくさんの方に支えられ、無事にシーズンを終えられた。動物たちにも深い敬意を表したい」とあいさつ。飼育員の代表のほか、浜田小、日新小、栗田支援学校の児童生徒、秋田公立美術大の学生らが1年間に死んだ25種54匹の冥福を祈って祭壇に献花した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース