「秋田市の生活慣れました?」 移住者が料理通じ交流

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
協力して調理する参加者
協力して調理する参加者

 「秋田を楽しむ仲間づくり!親子で秋のお料理交流会」が、秋田市の中央市民サービスセンターで開かれた。県外から移住してきた13世帯が参加し、料理作りを通じて交流を深めた。

 自身も移住者で、市地域おこし協力隊員の毛利菜摘さん(29)が20日に開いた。市内でイタリアンレストランを営む吉田岳青さん(42)を講師に招き、地元産の食材を使った料理に挑戦した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース