頂点目指し熱いプレー続々 仙北市でミニバス交流大会開幕

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
白熱した戦いが繰り広げられている県スポーツ少年団ミニバスケットボール交流大会
白熱した戦いが繰り広げられている県スポーツ少年団ミニバスケットボール交流大会

 第2回秋田県スポーツ少年団ミニバスケットボール交流大会が26日、仙北市の県立田沢湖スポーツセンターで始まった。男女各12チームが参加し、27日まで女子の部、来月3、4日に男子の部で熱戦を繰り広げる。

 大会は12月の県ミニバスケットボール大会に出場できないチームなどにプレーする場を提供し、選手の交流を深めようと県スポーツ少年団が昨年から行っている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース