28日から12月県議会 医療の逼迫どう防ぐ、物価高対策も焦点

会員向け記事

 秋田県議会の12月議会が、28日始まる。新型コロナウイルスの流行「第8波」や季節性インフルエンザとの同時流行に対する懸念が高まる中、医療の逼迫(ひっぱく)をいかに防ぐかという点について、突っ込んだ議論が求められる。

 県内の新型コロナの感染者数は今月に入り、急増している。22日には1848人に達し、9月下旬に全数把握を簡略化してから過去最多となった。病床使用率が一時、5割を超えるなど医療への負荷が増している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース