三原舞依が2連勝でファイナルへ 河辺愛菜は3位、フィギュアGP

※写真クリックで拡大表示します
女子フリー 演技する三原舞依=エスポー(共同)
女子フリー 演技する三原舞依=エスポー(共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、フィンランド大会最終日は26日、エスポーで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位の三原舞依(シスメックス)がフリー1位の130・56点をマークし、合計204・14点で逆転優勝した。GP初制覇の第4戦英国大会に続く2連勝で、6人で争うファイナル(12月8~10日・トリノ)に初進出した。

 河辺愛菜(愛知・中京大中京高)は合計197・41点で3位。ファイナル進出者が出そろい、日本勢は三原と既に決定済みの坂本花織(シスメックス)に加え、渡辺倫果(法大)の初進出も決まった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。