甲子園4強京都国際・小牧監督、指導法を助言 県高野連が講習会

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
指導方法について講演する京都国際の小牧監督
指導方法について講演する京都国際の小牧監督

 秋田県高野連(尾形徳昭会長)の2022年度指導者講習会・監督会議が25日、秋田市のアキタパークホテルで開かれた。昨年夏の甲子園大会で4強入りした京都国際の小牧憲継監督(39)が指導方法について講演し、県内の監督ら約50人が耳を傾けた。

 小牧監督は京都成章で内野手として活躍し、関西大から滋賀銀行に就職した。07年に京都国際のコーチとなり、08年3月から監督を務める。今年のプロ野球ドラフト会議で横浜に4位指名された森下瑠大投手をはじめ、これまでに7人の教え子をプロに送った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース