バレーVリーグ日立で躍動 頼れる存在で副主将の齋藤と監督期待の野中

有料会員向け記事

 バレーボールのVリーグ女子1部の日立で、秋田県出身選手が躍動している。副主将でリベロの齋藤加奈子(28)=にかほ市出身、由利高―東北福祉大出=と、スパイカーの野中瑠衣(21)=秋田市出身、秋田北高出。今月12、13の両日、秋田市のCNAアリーナで行われた東レとのホーム戦にも出場し地元ファンを沸かせた。優勝を目指すチームに貢献し存在感を発揮しようと、研さんを積んでいる。

 日立は本県をサブホームタウンにしている。チームを運営する自動車部品製造の日立Astemo(アステモ、本社・東京)が横手市に工場を置き、監督や総監督を務め現在はシニアアドバイザーの菅原貞敬さん(83)が能代市出身であることが縁だ。ほぼ毎年本県でホーム戦を行い、今年は2日間で計4670人が訪れた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース