農業への思い「書」で力強く表現 大曲高書道部の作品、直売所に展示

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
大曲高書道部が制作した農業の価値を伝える作品
大曲高書道部が制作した農業の価値を伝える作品

 大曲高校(秋田県大仙市)の書道部が制作した巨大な書道作品が、同市花館のJA秋田おばこ直売所「しゅしゅえっとまるしぇ」に展示されている。部員が農作業を通して感じた農業のイメージを、力強い文章と文字で伝えている。12月下旬までの予定。

 書は2枚あり、縦1・5メートルで、横幅は3メートルと4メートル。「人々が豊かな生活を送り、平和な世の中を楽しむこと」を意味する「含哺」「鼓腹」の文字をそれぞれの作品に揮毫(きごう)した。「積み重ねた最大限の努力 実る畑の宝石」「新しい技術で溢れる恵み 未来はこの場所から私たちが繋ぐ」などのメッセージも添えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース