三セク岩城の清算不可避 由利本荘市、債務3千万円肩代わり

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
第三セクター「株式会社岩城」が管理業務を行っている道の駅岩城
第三セクター「株式会社岩城」が管理業務を行っている道の駅岩城

 秋田県由利本荘市の湊貴信市長は24日、先月の市指定管理者選定委員会で落選し、来年度以降の道の駅岩城などの管理業務を失った市の第三セクター・株式会社岩城について、「法人の清算に向かわざるを得ない」と述べた。岩城の債務約3千万円を市が肩代わりし、清算手続きを支援するとした。

 岩城は新型コロナウイルス禍などで経営難が深刻化。資本金の85・3%を出資する大株主の市は、年度ごとの指定管理料に加え、過去2カ年は運営補助金や貸付金を拠出して支援してきたが、岩城は昨年度末で再び債務超過に陥った。

 湊市長は24日の定例会見で、岩城の財務状況や主たる収入源がなくなることを踏まえ、存続は困難と説明。年内の臨時株主総会で方向性が決まるとした。清算に当たっては「関連事業者や金融機関に多大な影響が及ばないよう、大株主の市が一定の財政負担をせざるを得ない」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース