W杯、スイスがカメルーン下す ウルグアイと韓国はドロー

※写真クリックで拡大表示します
スイス―カメルーン 後半、先制ゴールを決め喜ぶスイスのエンボロ(左から2人目)=アルワクラ(共同)
スイス―カメルーン 後半、先制ゴールを決め喜ぶスイスのエンボロ(左から2人目)=アルワクラ(共同)

 【アルワクラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第5日は24日、ドーハ近郊のアルワクラなどで1次リーグが行われ、G組で世界ランキング15位のスイスが43位のカメルーンを1―0で下した。スイスは5大会連続12度目、カメルーンは2大会ぶり8度目の出場。

 H組は前回大会ベスト8で世界ランキング14位のウルグアイと同28位の韓国が0―0で引き分けた。

 第4日の23日は1次リーグF組で前回大会3位のベルギーがカナダに1―0で競り勝った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。