首相、1月米ワシントン訪問調整 防衛強化、サミット連携

※写真クリックで拡大表示します
岸田文雄首相、バイデン米大統領
岸田文雄首相、バイデン米大統領

 岸田文雄首相は来年1月に米ワシントンを初訪問し、バイデン大統領と会談する調整に入った。7~9日を軸に検討している。今年12月に改定する外交・安全保障政策の長期指針「国家安全保障戦略」を踏まえ、防衛力強化の具体策や費用増額の方針を伝達し、日米同盟の深化につなげたい意向。来年1月中旬にはスイスで開かれる国際会議に出席する方向だ。5月の先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)を見据え、欧州のG7参加国訪問も調整している。

 複数の政府関係者が24日、明らかにした。首相のワシントン訪問は、昨年10月の就任後初めてとなる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。