ウィルコ・ジョンソン氏死去 親日家の英ギタリスト

※写真クリックで拡大表示します
ウィルコ・ジョンソン氏=2010年10月、ロンドン(ゲッティ=共同)
ウィルコ・ジョンソン氏=2010年10月、ロンドン(ゲッティ=共同)

 ウィルコ・ジョンソン氏(英バンド、ドクター・フィールグッドの元ギタリスト)英メディアによると21日、英南東部エセックス州の自宅で死去、75歳。死因など詳細は不明。親日家として知られた。

 47年7月、エセックス州生まれ。10代の頃からギターを始め、71年にドクター・フィールグッドを結成。70~80年代の英国のパンクロックに大きな影響を与えた。77年バンドを離脱し、自身の名を冠したバンドを立ち上げた。

 日本の「シーナ&ロケッツ」のギタリスト鮎川誠さんとも親交がある。たびたび日本を訪れて各地で公演やツアーを行ったほか、「フジロックフェスティバル」にも出演した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。