大館市の「育ちの教室」、利用園児は年々増加 開始から10年、就学の不安にサポート

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
比内児童館で開かれた「育ちの教室 ぐんぐん」
比内児童館で開かれた「育ちの教室 ぐんぐん」

 秋田県大館市が小学校での集団生活や学習に不安を抱える年長児を対象に実施する「育ちの教室 ぐんぐん」が開始から10年となった。少人数指導によって、発達が気になる子どもは学校生活への見通しを立てやすくなり、保護者が悩みを相談する機会にもなっている。

 市では市教育委員会と市子ども課が連携し、2011年から発達相談「すてっぷ相談」を実施。5歳児を対象に、臨床心理士ら専門家の協力を得て発達を確認している。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース