畠山、三浦氏に奨励賞 県医師会、設立75周年記念大会

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
長年医業に尽力した会員らを表彰した設立75周年記念医学大会
長年医業に尽力した会員らを表彰した設立75周年記念医学大会

 秋田県医師会(小泉ひろみ会長)の設立75周年記念医学大会が23日、秋田市の県総合保健センターで開かれた。本年度の医学奨励賞を秋田赤十字病院(秋田市)の畠山雄二第二整形外科部長と、大曲厚生医療センター(大仙市)の三浦雅人院長に贈った。

 医学奨励賞は、医学研究に顕著な功績のあった会員を対象としている。畠山部長は県内の雪下ろしに伴う転落外傷の事例を詳細に調査。結果を行政関係機関と共有し、事故予防に努めた。三浦院長は大曲仙北地域のウイルス性肝炎の症例や抗ウイルス療法などを分析。地域の治療成績向上に貢献した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース