高専ロボコン、今年は紙飛行機 秋田高専、3年連続全国へ

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
全国大会に出場する秋田高専ロボコン部の部員
全国大会に出場する秋田高専ロボコン部の部員

 紙飛行機を飛ばす精度を競う「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)2022」の全国大会(27日、東京・国技館)に、秋田市の秋田高専のロボコン部が出場する。仙台市で行われた東北地区大会で、連続で紙飛行機を打ち出すアイデアが独創的だと評価され、審査委員会の推薦で出場権を得た。

 今年の高専ロボコンの競技テーマは「ミラクル☆フライ~空へ舞いあがれ!~」。制限時間2分半の間にロボットが紙飛行機を飛ばし、縦12メートル、横8メートルのフィールド内に点在する得点スポットに着地させた合計点数を競う。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース