横手市、体育館など移転新築の事業費増 資材高騰などで187億円に

会員向け記事

 秋田県横手市の高橋大市長は22日、横手体育館と市民会館の移転新築について、概算事業費がこれまでの計129億円から計187億円に増えることを明らかにした。資材費などの高騰が原因。国からの交付金などを除き、市の負担は8億円増える見込み。同日の市議会全員協議会で報告した。

 体育館と市民会館はいずれも2026年度の開館を目指し基本設計を作成中。今年3月に策定した基本計画では概算事業費を体育館72億円、市民会館50億円、解体工事など7億円としていた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

同じジャンルのニュース