外旭川まちづくり「民間施設の具体化、来年以降」 穂積市長が見通し

有料会員向け記事

 秋田市が整備を検討している外旭川まちづくりモデル地区について、穂積志市長は22日、「地区内に整備される民間施設の内容が具体化するのは来年、再来年以降になる」との認識を示した。市役所で開いた定例会見で述べた。

 モデル地区では市が卸売市場を再整備するほか、新スタジアムや商業、観光などの各民間施設の整備が検討されている。スタジアムや民間施設の多くは事業主体が未定で、市議会などから「事業内容に具体性がない」といった指摘が相次いでいる。


外旭川まちづくりの連載はこちら:土地利用上の課題

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース