私立高の学費負担軽減へ、補助拡充検討 来年度視野に、県教育庁

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
県第二庁舎(資料写真)
県第二庁舎(資料写真)

 秋田県教育庁は22日、私立高校の学費負担軽減を図ろうと、来年度から授業料補助の拡充を検討していることを明らかにした。国の支援制度で無償化となっていない世帯が対象で、具体的な金額は未定。来年度の一般会計当初予算案に関連経費を計上したい考え。

 私立高校の授業料は、国が2020年に就学支援金制度を大幅に拡充し、世帯年収590万円未満の世帯が実質無償化となった。一方で、590万~910万円未満の世帯への補助は11万8800円で据え置かれ、授業料を全て賄う水準には至っていない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース