こまちに最大1時間程度の遅れ 東北新幹線保線作業中に1人行方不明

会員向け記事

 22日午前3時半ごろ、東北新幹線・大宮―小山間で保線作業中の男性作業員1人が行方不明となるトラブルがあった。捜索に伴い、東北新幹線が一時速度を落として運転した影響で、下りの秋田新幹線こまち計5本に最大約1時間10分の遅れが出た。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース