明桜、飯塚(福岡)と大みそかに初戦 全国高校サッカー

会員向け記事

明桜チーム

 第101回全国高校サッカー選手権(12月28日~1月9日)の組み合わせ抽選会が21日、オンラインで行われた。秋田県代表で2年ぶり5度目の出場となる明桜は2回戦から登場し、12月31日午後2時10分から千葉県柏市の柏の葉公園総合競技場で、初出場の飯塚(福岡)と対戦することが決まった。

 明桜はプリンスリーグ東北で強豪チームとしのぎを削り、経験を重ねてきた。中盤から素早く前線にボールを送る縦の攻撃を磨き、県大会決勝の秋田商戦でも2―1と得点力で上回った。MF小野亮輔(3年)のパスと、FW佐藤拓海(同)ら前線の選手の決定力が勝負を左右する。

 飯塚は福岡県大会決勝で、全国優勝3回の東福岡を1―0で破り初出場を決めた。高校年代最高峰のプレミアリーグウエストに所属し、総合力が高い。足元の技術の高さを生かして細かくパスをつなぎ、ボールを保持して主導権を握る。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース