省エネエアコン、冷蔵庫購入に助成 県、72億の補正予算案

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は21日、燃料費・物価の高騰対策を柱とする72億4341万円の2022年度一般会計補正予算案を発表した。県民が省エネ性能の高いエアコン、冷蔵庫を購入する際に商品券かポイントを交付するほか、保育所や医療福祉施設の光熱費負担軽減といった事業を盛り込んだ。予算案は28日に開会する12月県議会に提出する。

 エアコン、冷蔵庫の購入助成は来年3月から始める予定。1台につき購入額の5分の1か、2万円相当のいずれか額の低い方を助成する。商品券かキャッシュレス決済に使えるポイントを選ぶことができる。1世帯が受け取ることができる上限額は10万円分。地元資本の販売店で購入した際には5千円分が加算される。事業費は5億3984万円。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース