東北の大学生が伝統工芸品を考えたら… 生産者とコラボ、アイデア発表会

有料会員向け記事

 東北の大学生による伝統工芸品を用いた新作のアイデア発表会が19日、秋田市中通の県立美術館で開かれた。県内の3大学を含む東北7大学の学生が、各県の伝統工芸品生産者とコラボレーションし、従来の枠組みにとらわれない発想の作品を披露した。

 秋田市で18~20日まで開かれている第39回伝統的工芸品月間国民会議全国大会(KOUGEI EXPO in AKITA)の関連行事。

 秋田市の国際教養大と秋田公立美術大の学生4人は、大館曲げわっぱの柴田慶信商店(大館市)と、色漆の彩りが美しい曲げわっぱの弁当箱を制作した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース