「やさしく、まじめに、せいいっぱい」頑張ろう 大館・山瀬小60周年式典

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
地元の魅力などを発表する児童たち
地元の魅力などを発表する児童たち

 秋田県大館市岩瀬の山瀬小学校(松下健校長、116人)は17日、同校で創立60周年記念集会を開いた。6年生は校名の3文字を使い、「『や』さしく」「『ま』じめに」「『せ』いいっぱい」を合言葉に頑張っていこうと呼びかけた。

 全校児童が出席。第1部は、学年ごとに生活科や総合的な学習の時間などで取り組んできた内容を発表。クイズを交えて学校の歴史や地場産タケノコの皮を使った和紙作り、地元の五色湖でのカヌー体験などを紹介した。5年生は「豊かな自然をそのまま未来へ」と呼びかけた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース