知られざる東海林太郎 没後50年:[偽者現る]人気者ゆえのとんだ災難

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
札幌でファンと記念撮影する東海林太郎(中央)=個人蔵、1963年5月撮影
札幌でファンと記念撮影する東海林太郎(中央)=個人蔵、1963年5月撮影

 雑誌「映画と音楽」が1938(昭和13)年6月から翌年3月まで行った「レコード販売店調査」の人気投票によると、第1位が上原敏の75票、第2位が東海林太郎の68票。秋田県出身の2人が上位を占めたのである。

 ちなみに、上原は当時新人で、この頃ヒット曲が連続していた。

 今回紹介するのは、東海林が人気絶頂期を迎えていた昭和10年代前半の話と考えられる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース